産地の声


春の野菜

(産地の声)vol.1489                                   2021.4.14

 わがムラの田植えがとうとう始まってしまいました。私はと言うと未だに暗渠仕事という事前の仕事をしているというのに、と言う状態です。

続きを読む

これからの時代

(産地の声)vol.1488                                    2021.4.8

 おかげさま農場の片岡です。温暖な気候が続いており桜は散ってしまいましたね。昔は4月半ばが桜の季節だったそうですが、ここ数十年では入学式、そして今は卒業式が桜の季節になりました。

続きを読む

暖かい春です

(産地の声)vol.1487                                    2021.3.31

 先週の続きになりますが、25日に種蒔きした籾が一斉に芽を出しました。種蒔きを終えた育苗箱には、特殊な被覆資材をかけて芽立ちを待つのですが、優れもので覆いを掛けたままでも温度が上がり過ぎず、発芽温度を保つという資材なのです。

続きを読む

桜が咲きました

(産地の声)vol.1486                                    2021.3.24

 家の前の桜が咲き始めました。彼岸におばさんが来ての会話。「昔は伊能のお祭りの時に満開だったねえ!」と。そのお祭りとは毎年4月の17日から19日の3日間の当地の大須賀神社の例祭だったのです。

続きを読む

時代の変化

(産地の声)vol.1485                                    2021.3.18

 時たま登場する片岡です。髙柳場長が「田んぼで疲れちゃったよ」との事で久々に代筆です。

 私は様々な農業体験教室を運営しながら一般の方と交流をしているのですが、最近、「時代が変わったな~」とつくづく思うのです。

続きを読む

啓蟄を過ぎました

(産地の声)vol.1484                                    2021.3.10

 今年は3月5日が啓蟄の日でした。啓蟄は春になって虫が動き出すという旧暦の二十四季節の日です。いよいよ迎えた春になって冬ごもりしていた生き物が地上に一斉に出てくる季節になりました。

続きを読む

生物季節観測

(産地の声)vol.1483                                     2021.3.3

 本回は急遽ゴーストライターAが、ウーフの歓迎会で久しぶりにブランデーを飲んでダウンした場長のピンチヒッターに入ることとなりました。不慣れな物書きですが、どうぞよろしくお願い致します。

続きを読む

国会議員さんとの話し合い

(産地の声)vol.1482                                     2021.2.17

 今日は、2人の国会議員がきました。農業現場で生きる皆さんの現実、そして課題などを伺いたいと来られたのでした。有機農業をしている仲間から「一緒に有機農業の話しをしてくれないか」ということで賛同。

続きを読む

大きな変動

(産地の声)vol.1481                                     2021.2.17

 雨模様で、溜め込んでおいた録画を見ました。シベリアのツンドラ地帯をゆく、と言う内容でしたがかってない変化が現れている、と言う内容です。

続きを読む

永平寺のお話

(産地の声)vol.1480                                     2021.2.10

 人間は動物の一種です。だから生きてゆく上で、食事とは切っても切れない縁があります。食べるために生きるか、生きるために食べるのか。それこそ人生の大問題ですね。

続きを読む

立春を過ぎました

(産地の声)vol.1479                                    2021.2.3

 昨日は節分。私の歴史では初めての2月2日の節分でした。前日、連れ合いと節分は3日だ!と言い合っていたのですが、私の間違いでした。120数年ぶりの事件?なのでしたから、間違ってもよしとしましょう。

続きを読む

あれこれ仕事

(産地の声)vol.1478                                    2021.1.27

 寒が明け、1週間後には立春、節分を迎えるというのに天候は勝れず雨模様です。そして予報によれば週末にはまた強い寒気がくるというのですから中々思い通りにゆかないものです。

続きを読む

日本の伝統食

(産地の声)vol.1477                                    2021.1.20

 コロナの蔓延で、コロナ緊急宣言がだされていますが皆さんはいかがお過ごしでしょうか。我が家は先週も書きましたが、相変わらず、しっかり伝統食=ご飯に味噌汁、そして大根や人参、ゴボウ里芋などに少々のお魚、そしてレタス中心のサラダに自前のひまわり油をドレッシングにしたり、ほぼ自前の食です。

続きを読む

寒中の野菜の状況

(産地の声)vol.1476                                     2021.1.13

 今年は今月4日が小寒。20日が大寒で暦の上では一年で最も寒いとされている季節です。気象庁によれば、いまだかってない寒波が北陸、北日本に大雪をもたらしています。当地もその寒波と思われる影響か、庭の水たまりの氷が日中も溶けずにいます。太陽が出ればまだいいのですが曇り空で野菜が生き返らずに凍り付いたままという現象がでています。

続きを読む

明けましておめでとうございます。

(産地の声)vol.1475                                    2021.1.6

 明けましておめでとうございます。

 

 年末30日にお餅つきをして31日には、しめ縄を綯い、神棚に飾ります。そして小机をだして、お正月様の棚作りです。天照皇大神と地元の大須賀大神の掛け軸を飾り、机の上には二重ねの鏡餅にミカン、そして大根を土台にした松の枝と幣束を飾ります。これでお正月様のできあがりです。

続きを読む