おかげさま農場へようこそ!

おかげさま農場は無化学農薬、有機肥料栽培の農家集団です。

30代から70代の専業農家が集まり、試行錯誤、失敗しながら挑戦しています。

変わり者のと言われ、無農薬では野菜は出来ない、と言われ続けて33年。

経済効率、利益追求の世の中に疑問を抱きつつ、大地自然に感謝することを忘れ

命よりお金を優先していいのか、と議論を重ねています 。

 食は命

食べ物に関しては、生産者も消費者も同じ食べ物を食べて生きています 。

生産者である私たちも農産物の消費者であることに変わりはありません。

食は、どのような立場の人であっても命の原点です。

農場からのお知らせ


おかげさま通信

今回のおかげさま通信は「菅野くんのわさび菜」です。

 

久々に登場は、新人菅野くん。といっても、農業歴は7年目となります。

 

もともと農業に関心があったものの、「自分は本当にやりたいのか?」という自問自答をし、3年間は福祉職につきました。それでも農業への思いが無くなる事は無く、その後、朝3時に起きてレタスを収穫する会社に2年間、住み込みで働きました。

 

その後、成田の有機農業研修施設で2年働き、おかげさま農場に3年目に入りました。ベテランが多い中では新人そのものですが、着実に経験を積み、工夫を重ねてきちんと出荷が出来る野菜を作ってきました。

そんな「菅野くんのわさび菜」は→こちらから


体験イベント

・「直売所かざぐるま」では、都合がつく月は第三土曜日を基本に「手しごと部」を始めています。詳細は→こちらから

・高柳場長と毎月、食べ物と命の関係、農村文化や生き方などを学ぶ「食と命の教室」。2022年度は既に満席となりましたが、キャンセル待ちは受付します。詳細は→こちらから


最新情報

  • 落花生の在庫が残りわずかとなりました。ご注文量にもよりますが1週間ぐらいで、無くなり次第、終了となります。(1/20現在)

2021.1.20

「産地の声」を更新しました。

・小松菜は引き続きお休みです。サニーレタスもしばらくお休みとなります。

・三浦大根は本日の出荷をもって終了です。

2021.1.17

・ターサイは明日の出荷をもって終了となります。

2021.1.13

「産地の声」を更新しました。

・大根ですがトンネルでも葉先が黄色くなっています。

・引き続き小松菜はしばらくお休みです。

・ターサイ、わさび菜はほとんど生育が進んでいないため、極少量ずつならご注文をお受けしますが、月末には終了見込みです。

・ケールは寒さで生育が進まないので、出荷再開は無しで終了とします。

2021.1.11

・小松菜はしばらくお休みとなりました。