おかげさま農場へようこそ!

おかげさま農場は無化学農薬、有機肥料栽培の農家集団です。

30代から70代の専業農家が集まり、試行錯誤、失敗しながら挑戦しています。

変わり者のと言われ、無農薬では野菜は出来ない、と言われ続けて30年。

経済効率、利益追求の世の中に疑問を抱きつつ、大地自然に感謝することを忘れ

命よりお金を優先していいのか、と議論を重ねています 。

 食は命

食べ物に関しては、生産者も消費者も同じ食べ物を食べて生きています 。

生産者である私たちも農産物の消費者であることに変わりはありません。

食は、どのような立場の人であっても命の原点です。

農場からのお知らせ


おかげさま通信

今回のおかげさま通信は、「文樹さんのブルーベリー」です。

 

高柳場長のいとこで同じ高柳の性をもつ文樹さん。学校の先生を早期退職した後、6年近くブルーベリーを作ってきました。

 

ブルーベリーは人、獣、虫などの被害が野菜とは違って起きます。

そしてなんと500本もの木を植えているので、1本1本面倒を見ていると、日が暮れてしまいます。特に夏の果実なので、暑い中、見守るだけでも本当に大変。

水を撒いたり、剪定をしたり、収穫をしたり、虫を手で捕ったり。

大変なことは切りが無いですが、やればやるほどきちんとした実りに繋がるのも果樹の特徴です。

1本1本、丁寧に手間暇かけて育ててきた甘酸っぱい夏の果実、「文樹さんのブルーベリー」は→こちらから


体験イベント

・「直売所かざぐるま」では、都合がつく月は第三土曜日を基本に「手しごと部」を始めています。詳細は→こちらから

・高柳場長と毎月、食べ物と命の関係、農村文化や生き方などを学ぶ「食と命の教室」。次回は8月25日(土)開催予定です。詳細は→こちらから


最新情報

  • 落花生の新ものは12月までお待ち下さい。
  • 野菜に傷みが出やすい時期に入っています。出荷の際は問題無くとも、配送の際に車内で高温になるなどで傷みが出るなど、野菜には過酷な状態になることもありますので、クール便をご検討下さい。
  • 2L人参あります。
  • 「会員農家の紹介」のページをアップしました。

2018.8.9

「産地の声」を更新しました。

2018.8.8

・台風が関東を直撃する模様です。通過後、なりものを中心に出荷に影響が出ることが予想されます。また、明日の発送に遅延が出るかもしれません。ヤマト運輸さん次第ですが、個別番号で配送状況確認が可能ですので、必要に応じてお問い合わせ下さい。

2018.8.6

・キュウリは終了となりました。

2018.8.2

「産地の声」を更新しました。

・ミニトマトが暑さと先週末の台風の雨の影響で割れが酷く全滅してしまいました。次の生産者へのバトンタッチは恐らく18日(土)からになる予定です。

・モロヘイヤの生育が間に合っていないため、しばらくの間、注文量によっては出荷量を制限させて頂くかもしれません。

・ピーマンは4日(土)から出荷再開です。