おかげさま農場へようこそ!

おかげさま農場は無化学農薬、有機肥料栽培の農家集団です。

30代から70代の専業農家が集まり、試行錯誤、失敗しながら挑戦しています。

変わり者のと言われ、無農薬では野菜は出来ない、と言われ続けて30年。

経済効率、利益追求の世の中に疑問を抱きつつ、大地自然に感謝することを忘れ

命よりお金を優先していいのか、と議論を重ねています 。

 食は命

食べ物に関しては、生産者も消費者も同じ食べ物を食べて生きています 。

生産者である私たちも農産物の消費者であることに変わりはありません。

食は、どのような立場の人であっても命の原点です。

農場からのお知らせ


おかげさま通信

今回のおかげさま通信は「高木さんのベニアズマ」についてです。

  何十年もの間、ノートを取り続け、同じように安定的に作り続けてきた大ベテランの高木さん。ところが、今年は1本700g以上の規格外の特大サイズが半分ぐらい出来てしまいました。

「長雨で生育が遅かったので、例年より少し遅めに掘ったんだけど、びっくりだよ。正直、なんだかわからないな」

 また、今年は千葉県を直撃した台風15号の影響がまだ残っています。15号でビニールが破られ、今回は19号前にビニールを予め破っておいて骨組みを守る、という農家が多かったのですが、良くも悪くも千葉県被害は少なく、ビニールの破り損という感じになったのです。

「破らなかった方が良かったかも知れないけど、実際はわからなかったからな」と、これからビニールの張り直しです。

 こんな感じで、今年は色々な事があって、農家はみんな「全くしょーもない年だな」と力がなかなか入りません。それでも、葉物の大黒柱の一人である高木さんは、ベニアズマだけでなく、小松菜、ホウレン草の出荷と、忙しい日々が続いています。

 特に、ベニアズマの特大サイズは特価で販売しますので、是非、ご注文下さい。

台風後の様子も載せた「高木さんのベニアズマ」については→こちらから


体験イベント

・「直売所かざぐるま」では、都合がつく月は第三土曜日を基本に「手しごと部」を始めています。詳細は→こちらから

・高柳場長と毎月、食べ物と命の関係、農村文化や生き方などを学ぶ「食と命の教室」。次回は10月26日(土)です。詳細は→こちらから


最新情報

  • 10月からの消費税増税に伴い、段ボール代、宅急便代などが10円程度上がりました。詳しくはお問い合わせ下さい。
  • 台風15号の影響で、大根は10月内にいったん終わりになる可能性があります。
  • 煎り落花生は販売中です。
  • 2L人参、在庫はわずかです。
  • 里芋は早生種の種芋が長梅雨で腐ってしまっため、10月下頃にいったんお休みになる見込みです。
  • ショウガ類は、昨年、種生姜が少なく今年の作付けが少なかったため、今年は切り生姜の出荷は無しとします。根生姜も収量によっては出荷が無いかもしれません。

2019.10.17

 ・「産地の声」を更新しました。

「おかげさま通信」を更新しました。

・ピーマンと生落花生は本日の出荷をもって終了しました。

・19日から予定通り大根、小カブ、ホウレン草の出荷開始です。

・2L人参、残りわずかです。

2019.10.15

 ・19日(土)から出荷開始の野菜ですが、大根は台風15号で半分がやられてしまったのを選び選び出荷ですので、ご注文量次第では、10月内でいったんお休みになる可能性があります。ホウレン草は大丈夫ですが、まだ生育が進んでいないため、大口は26日(土)からでお願いします。小カブは例年通りで問題ありません。

・長ネギは出荷中ですが、長梅雨と台風15号の影響で育ちが悪く細めです。

2019.10.13

 ・台風19号の影響で朝から停電が続いていましたが、13時頃に復旧しました。

・野菜は台風前にハウスのビニールをあえて破ったピーマンが近日終了ですが、それ以外は大被害は出ませんでした。ただ、前回の台風で弱ったチンゲンサイが今年は出荷が出来なくなりました。

・ししとうなど、台風で弱ったものが多少傷みが出るかもしれません。また、大口注文はお受けできなくなるかもしれません。

・わさび菜が出荷可能となりました。