おかげさま農場へようこそ!

おかげさま農場は無化学農薬、有機肥料栽培の農家集団です。

30代から70代の専業農家が集まり、試行錯誤、失敗しながら挑戦しています。

変わり者のと言われ、無農薬では野菜は出来ない、と言われ続けて30年。

経済効率、利益追求の世の中に疑問を抱きつつ、大地自然に感謝することを忘れ

命よりお金を優先していいのか、と議論を重ねています 。

 食は命

食べ物に関しては、生産者も消費者も同じ食べ物を食べて生きています 。

生産者である私たちも農産物の消費者であることに変わりはありません。

食は、どのような立場の人であっても命の原点です。

農場からのお知らせ


おかげさま通信

今回のおかげさま通信は「佐藤さんのキャベツ」です。

  今年は大型台風で葉物全般、苗が吹き飛ばされたり葉先がちぎられたり、水没したりと被害が出ています。そのため、今の時期に通常出荷するはずの葉物の量が足りなかったり、気温が高いせいか虫の活動も納まっていないため虫食い被害が出ています。

 そんな中で見事なキャベツが出ています。佐藤さんは「それは防虫ネットを張っているからだよ」と言います。「でもよ、今、見た目が良くても、大変だったんだぞ」とも。

 というのも、約5反歩の畑の防虫ネットが支柱ごとしっちゃかめっちゃかにされてしまったのです。佐藤さんもさすがに呆然としたそうですが、同じような被害を受けている仲間がコツコツと立て直しをしている姿を見て「俺も頑張らないとな。切らすわけにはいかないからな」と全ての支柱を立て直し、ネットを張り直したそうです。その結果、見事なキャベツが育ちました。

そんな「佐藤さんのキャベツ」については→こちらから


体験イベント

・「直売所かざぐるま」では、都合がつく月は第三土曜日を基本に「手しごと部」を始めています。詳細は→こちらから

・高柳場長と毎月、食べ物と命の関係、農村文化や生き方などを学ぶ「食と命の教室」。新年度は2月15日日(土)スタートです!

詳細は→こちらから


最新情報

  • 新人参が始まりました。2L人参はしばらくありません。
  • 新煎り落花生の販売開始をしましたが、今年は大不作で質があまり良くありません。
  • 里芋は地域に円満した病気のため、今年度の出荷はしばらくありません。出せても年明けに少しです。
  • 長ネギも長梅雨と台風で大打撃を受けており、状態は悪く、11,12月は出せません。
  • 生姜、八つ頭、黒田五寸人参、白菜も今年はありません。
  • 年末最終営業日は12月28日(土)14時までとなり、年始は1月4日(土)9時からとなります。

2019.12.12

 ・「産地の声」を更新しました。

・大根、三浦大根は注文量次第では年末を待たずして終了になることも有り得ます。

2019.12.11

 ・「産地の声」を更新しました。

・小松菜は14日(土)からしばらくお休みとなります。

・ターサイは年明けからの出荷開始となりました。

2019.12.3

・サニーレタスは本日の出荷を持って終了です。

・落花生の販売開始をしましたが、今年は長雨&台風の影響で実の入りがとても悪くなっています。