おかげさま農場へようこそ!

おかげさま農場は無化学農薬、有機肥料栽培の農家集団です。

30代から70代の専業農家が集まり、試行錯誤、失敗しながら挑戦しています。

変わり者のと言われ、無農薬では野菜は出来ない、と言われ続けて33年。

経済効率、利益追求の世の中に疑問を抱きつつ、大地自然に感謝することを忘れ

命よりお金を優先していいのか、と議論を重ねています 。

 食は命

食べ物に関しては、生産者も消費者も同じ食べ物を食べて生きています 。

生産者である私たちも農産物の消費者であることに変わりはありません。

食は、どのような立場の人であっても命の原点です。

農場からのお知らせ


おかげさま通信

今回のおかげさま通信は「夏野菜、育苗中」です。

夏野菜のミニトマトとナスの種まきは2月から始まっています。通常、プロでも苗を買ってきて移植する人が多いのですが、高柳場長は毎年、種蒔きから行います。

 

ナスはゴマ粒の大きさ、ミニトマトはさらに小さな種なので、まさに「吹けばとぶよう」なもの。注意して蒔かないと、2粒蒔いたりミスが起きてしまいます。

更に種が小さいということは種の力が小さいということ。例えば大根は種が大きいので多少深さが適当でも発芽しますが、小さな種だと土を持ち上げる力が小さいので深蒔きすると地上の芽を出すまでに力尽きてしまいます。かといって浅すぎると乾燥しやすいのでなかなか加減が難しいのです。

そういった小さな種を注意深く管理することでようやくしっかりとした苗に出来るのですね。 

「夏野菜、育苗中」は→こちらから


体験イベント

・「直売所かざぐるま」では、都合がつく月は第三土曜日を基本に「手しごと部」を始めています。詳細は→こちらから

・高柳場長と毎月、食べ物と命の関係、農村文化や生き方などを学ぶ「食と命の教室」。2021年度は満席となりました。2022年度の募集は受付します。詳細は→こちらから


最新情報

  • 気温が高くなってきました。販売の際は冷蔵庫内の陳列をお願いします。

  • 野菜の種類が限られる端境期に入っています。
  • しばらく野菜セットは7品のみ受付致します。
  • 新人参は生育が順調に進めば5月1日出荷開始予定です。

2021.4.15

「産地の声」を更新しました。

・シルクスイートのB品はあと50kgぐらいです。

2021.4.12

・ラディッシュが2週間限定で販売となります。大口はお受け出来ません。

・小松菜は大口もお受け出来るようになりました。

2021.4.7

「産地の声」を更新しました。

2021.4.1

「産地の声」を更新しました。

・小松菜は大口以外は土曜日から再開です。