おかげさま農場へようこそ!

おかげさま農場は無化学農薬、有機肥料栽培の農家集団です。

30代から70代の専業農家が集まり、試行錯誤、失敗しながら挑戦しています。

変わり者のと言われ、無農薬では野菜は出来ない、と言われ続けて30年。

経済効率、利益追求の世の中に疑問を抱きつつ、大地自然に感謝することを忘れ

命よりお金を優先していいのか、と議論を重ねています 。

 食は命

食べ物に関しては、生産者も消費者も同じ食べ物を食べて生きています 。

生産者である私たちも農産物の消費者であることに変わりはありません。

食は、どのような立場の人であっても命の原点です。

農場からのお知らせ


おかげさま通信

今回のおかげさま通信は「菅野くんのスティックブロッコリー」です。

  おかげさま農場のメンバーになって1年が経った菅野くん。1年目となった昨年は過去数十年に無かったほどの大型台風15号の被害で、大変な状態でした。

 中心メンバーとして作っていたナスは、後半の収穫期にやられてしまいました。また、チャレンジした小松菜も、種蒔き直後に台風でやられてしまい壊滅。わさび菜、スティックブロッコリーなど育てていたのですが、台風の影響でまともな量は出荷が出来ませんでした。

 3月から出荷開始しているスティックブロッコリーの1種の「アレッタ」も台風の被害を受けましたが、他の作物よりは大打撃では無く、安定的に出荷が出来ています。

 2年目の最初に久々にある程度の出荷が出来て、菅野君も気持ちも新たにしている様子。人参の種蒔きも終わり、夏野菜の準備も進んでいます。

 2年目のチャレンジを応援してもらいたい「菅野くんのスティックブロッコリー」については→こちらから


体験イベント

・「直売所かざぐるま」では、都合がつく月は第三土曜日を基本に「手しごと部」を始めています。詳細は→こちらから

・高柳場長と毎月、食べ物と命の関係、農村文化や生き方などを学ぶ「食と命の教室」。次回は4月18日(土)です!

詳細は→こちらから


最新情報

  • 昨年の台風15号でハウスが倒壊し作付けが出来ていないため、4,5月のホウレン草はありません。
  • 端境期に入り、品数が少なく春の不安定な気候の中で生育が安定しません。この時期は相場が高くなるため、おかげさまにご注文が殺到するのですが、古くからのお付き合いや年を通してご注文を頂いているお客様を優先します。

2020.3.30

 ・キャベツに大量のご注文が入ったため、しばらくお休みになります。

2020.3.26

 ・「産地の声」を更新しました。

・ホウレン草は28日(土)の出荷をもって終了です。また、小松菜は4月中旬まで品薄になります。

2020.3.23

 ・落花生が終了となりました。

2020.3.19

 ・「産地の声」を更新しました。

・シルクスイートは本日の出荷をもって終了です。土曜日からは千葉紅の出荷開始となります。

・小カブは28日から出荷再開となります。ただ、大口は数を制限させて頂きます。

・落花生の在庫は残りわずかとなりましたので、無くなり次第、終了となります。

・2L人参、B人参も在庫がなくなり、A品を出荷しながらあるだけ対応する形になります。