おかげさま農場へようこそ!

おかげさま農場は会員農家25名で無化学農薬、有機肥料栽培の農家集団です。

30代から70代の専業農家が集まり、試行錯誤、失敗しながら挑戦しています。

変わり者のと言われ、無農薬では野菜は出来ない、と言われ続けて29年。

経済効率、利益追求の世の中に疑問を抱きつつ、大地自然に感謝することを忘れ

命よりお金を優先していいのか、と議論を重ねています 。

 食は命

食べ物に関しては、生産者も消費者も同じ食べ物を食べて生きています 。

生産者である私たちも農産物の消費者であることに変わりはありません。

食は、どのような立場の人であっても命の原点です。

農場からのお知らせ


おかげさま通信

今回のおかげさま通信は、「大竹さんの春菊」です。

 

今年の10月の悪天候、そして台風は葉物に大きな被害をもたらしました。

ホウレン草の中心的出荷者の大竹さんも、「おてあげだよ。やることがないよ」とのこと。

春菊はホウレン草に比べれば被害は甚大ではなかったのですが、それでも生育が良かった方が葉っぱを大風で振り回され、また10月の湿気なども重なり、傷みが出ています。

そのため、ただでさえ収穫に手間がかかる春菊の手間がいつもの倍以上かかっています。

春菊は寒さに弱いため、この辺りより温暖な地域が産地で、大竹さんの地域では大竹さん以外、春菊は作っていません。採算を考えたら誰も作りたくない野菜なのです。

それでもお客さんの要望があるから、ということで、作り続けてきた大竹さん。

ハウスも使って12月下旬まで出荷預定ですが、ハウスは虫の被害が出やすく、なかなか難しいのです。

そんな手間と採算度外視で作っている春菊、今の時期には欠かせませんよね。

香り豊かで白和えにも鍋にも合う、期間限定の「大竹さんの春菊」の詳細は→こちらから


体験イベント

・「直売所かざぐるま」では、都合がつく月は第三土曜日を基本に「手しごと部」を始めています。詳細は→こちらから

・高柳場長と毎月、食べ物と命の関係、農村文化や生き方などを学ぶ「食と命の教室」

 12月は一番人気の「稲ワラ納豆作り」です。詳細は→こちらから


最新情報

  • 長ネギは夏の干ばつと長雨の影響で半分がダメになってしまったため、今年は変則的ですが9,11,1月の奇数月に出荷となります。12,2月の偶数月は出荷がありませんのでご注意下さい。
  • ヤマト運輸さんの宅急便代の値上げが10月1日から始まっています。
  • 10月下旬の台風被害で特に葉物に被害が出ています。小松菜は年内は不安定で、ホウレン草は出荷停止中で12月20日頃に再開予定となっています。

2017.11.23

「産地の声」を更新しました。

2017.11.22

・キャベツの1作目がおかげさまで沢山ご注文を頂き、23日の出荷をもって終了となります。2作目は2週間のお休みを挟んで12月9日(土)からを予定しています。

2017.11.16

「産地の声」を更新しました。

「おかげさま通信」を更新しました。

・サニーレタスは予定通り18日(土)から出荷開始です。

・小松菜は年内いっぱい不安定な状態が続きます。ホウレン草は12月20日頃から出荷開始予定です。

2017.11.9

「産地の声」を更新しました。

・小松菜は12月前半まで不安定な状況が続きます。

・予定通り11日(土)から新人参、春菊、紅はるかの出荷が始まります。