おかげさま農場へようこそ!

おかげさま農場は無化学農薬、有機肥料栽培の農家集団です。

30代から70代の専業農家が集まり、試行錯誤、失敗しながら挑戦しています。

変わり者のと言われ、無農薬では野菜は出来ない、と言われ続けて33年。

経済効率、利益追求の世の中に疑問を抱きつつ、大地自然に感謝することを忘れ

命よりお金を優先していいのか、と議論を重ねています 。

 食は命

食べ物に関しては、生産者も消費者も同じ食べ物を食べて生きています 。

生産者である私たちも農産物の消費者であることに変わりはありません。

食は、どのような立場の人であっても命の原点です。

農場からのお知らせ


おかげさま通信

今回のおかげさま通信は「大竹さんの春菊」です。

 

30年以上、春菊を作ってきた大竹さん。夏はトウモロコシとトマト、冬は春菊とホウレン草を作っています。

 

春菊は寒さと風に弱い作物で、大風が吹くと倒れてしまうのですが、すぐにまっすぐに立とうとする性質があるため、「くの字」に曲がりやすいのです。

また、霜が降りたらその時点で葉が黒ずんで終わりになってしまうため、本来は海側の温かい地域で作っています。この辺で春菊を作っているのは大竹さんだけで、「地元の人からも珍しがられるよ」とのこと。

 

しかし、お客さんからの要望が続く限り、非効率で採算は合わなくても作るのが大竹さんのお人柄です。冬の鍋や白和えなどにぴったりの「大竹さんの春菊」は→こちらから


体験イベント

・「直売所かざぐるま」では、都合がつく月は第三土曜日を基本に「手しごと部」を始めています。詳細は→こちらから

・高柳場長と毎月、食べ物と命の関係、農村文化や生き方などを学ぶ「食と命の教室」。新年度の場集荷を開始しました。初回は2月13日(土)です!

詳細は→こちらから


最新情報

  • 煎り落花生は12月中旬から出荷開始予定です。
  • ゴボウの再出荷は年明けになるかもしれません。

2020.11.26

「産地の声」を更新しました。

・ししとうは11月30日の出荷をもって終了です。

・小カブは12月から大口は量を制限させて頂く見込みです。

・ホウレン草は来週末から大口もお受け出来ます。

2020.11.23

・里芋は11月26日(木)から出荷となりました。