おかげさま農場へようこそ!

おかげさま農場は無化学農薬、有機肥料栽培の農家集団です。

30代から70代の専業農家が集まり、試行錯誤、失敗しながら挑戦しています。

変わり者のと言われ、無農薬では野菜は出来ない、と言われ続けて30年。

経済効率、利益追求の世の中に疑問を抱きつつ、大地自然に感謝することを忘れ

命よりお金を優先していいのか、と議論を重ねています 。

 食は命

食べ物に関しては、生産者も消費者も同じ食べ物を食べて生きています 。

生産者である私たちも農産物の消費者であることに変わりはありません。

食は、どのような立場の人であっても命の原点です。

農場からのお知らせ


おかげさま通信

今回のおかげさま通信は「佐藤さんのブルーベリー500g」です。

  長年、ブルベリーを作り続けてきた佐藤さんは、その道20年のベテランです。ブルーベリーは実は「簡単に収穫出来てお金にもなる」と、定年退職者がブームのように作り始めた時期がありました。しかし、「言うは易し、行う難し」で、例えば収穫だけでも炎天下の下で1日中やり続けないといけないため、大変な仕事なのです。

 さらに果樹ならではの特別な土作り、剪定などの作業もあり、鳥獣害や病気や虫など、実は作業はやりきれないほどです。佐藤さは「私がやり始めた頃は周りに誰もやっている人がいなくてね。独学でやっていたのよ。その後、ブームが来て、私の所に沢山の人が聞きに来たけど、ほとんどの人が止めちゃったのよ」と言います。

 この地域ではブルーベリーのパイオニアの1人であり、完熟した粒1つを見極める目も確かな佐藤さんは、出来るだけ大粒を選んで出荷し続けた事もあり、ファンが多いのも特徴。

 1粒1粒が甘酸っぱくて大粒な「佐藤さんのブルーベリー」については→こちらから


体験イベント

・「直売所かざぐるま」では、都合がつく月は第三土曜日を基本に「手しごと部」を始めています。詳細は→こちらから

・高柳場長と毎月、食べ物と命の関係、農村文化や生き方などを学ぶ「食と命の教室」。次回は7月27日(土)です。詳細は→こちらから


最新情報

  • 煎り落花生は販売中です。夏頃まで在庫は持ちそうです。
  • 実野菜は天候次第で収量が大きく左右されるため、不安定なこと、予めご理解下さい。
  • ゴボウの大量注文受け付けます。まずはご相談下さい。
  • せんべい(のり、プレーン)が再開しました。
  • 2L人参、今のところあります。

2019.7.18

 ・「産地の声」を更新しました。

・トマトは本日の出荷を持って終了です。今シーズンも有り難うございました。

・ナス、ししとうの収量がまだまだ不安定なため、梅雨明けまで全注文にはお応え出来ない状態が続く見込みです。

・ブルーベリーも同様で、また出荷しても割れが出やすい状況なので、クールでのご注文をお願いします。

・カボチャ(ほっこり)の出荷が21日から開始ですが、量が少ないため、途中でお休みになるかもしれません。

・生育が進まず、空心菜、葉ショウガの出荷開始は8月からになりそうです。

・ゴボウの在庫がまだあり、世の中で新物が出始めたため、8月は300g、500gともに20円引きの特価販売をします。

2019.7.11

 ・「産地の声」を更新しました。

「おかげさま通信」を更新しました。

・トウモロコシは本日の出荷を持って終了です。今シーズンも有り難うございました。

・悪天候続きでキュウリが枯れ上がり、本来なら晴れれば復活するはずなのですが、終了となってしまいました。

・トマトの収穫が最上段に入り、収量が落ちてきました。来週木曜日で終了予定で、大口をお受け出来るのは来週頭までです。

・ナス、ししとうの収量がまだまだ不安定なため、梅雨明けまで全注文にはお応え出来ない状態が続く見込みです。

・ブルーベリー180gも出荷開始予定を延期して16日(火)からとさせて頂きます。

・坊ちゃんカボチャは今年は不作なため、出荷は無しとなりました。

2019.7.4

 ・「産地の声」を更新しました。

「おかげさま通信」を更新しました。

・トウモロコシは7月10日頃に終了予定です。

・悪天候続きで、ナス、キュウリ、ししとうの収量が半減しており、梅雨明けまで全注文にはお応え出来ない状態が続く見込みです。ブルーベリー500gも天候次第では欠品となることがあります。

・ミニトマト、トマト、トウモロコシは比較的安定して出荷が出来ています。

・メークイーンの販売が始まっています。

・小玉スイカは予定通り6日(土)から出荷開始です。しばらく大玉が続くので、1箱3~4玉入りになる見込みです。

・九州地方、特に鹿児島方面の荷物はヤマトさんがストップしていますのでご注意下さい。